PROFILE

1970年名古屋生まれ。
大谷大学哲学科在学中の19歳でタンゴ歌手としてプロデビュー。
以後、様々なタンゴ楽団で歌い、国内No:1の歌手として活躍。

 

1993年、タンゴの本場、アルゼンチンに渡り、現地の各ミュージシャン らと共にコンサート、ライブ、ラジオなどで共演して各地で共演するうちに、 やがてアルゼンチンでも歌唱の実力が大評判となり、タンゴ歌手の大御所、 ロベルト・ルフィーノに認められ、彼の「ロベルト」の名を正式に与えられる。

1997年、バンドネオン奏者にネストル・マルコーニ、バイオリン奏者には アストル・ピアソラと共に活動を続けてきたアントニオ・アグリらを迎え、 タンゴのCD「ロベルト・杉浦/レメンブランザ」をリリース。

1998年、キューバで開催された、ボレロ国際フェステイバルに出演し、 キューバの音楽界、マスコミや国民を熱狂させたことを切っ掛けに、 ボレロ歌手としての華々しいスタートを切った。 その評判は他国にも飛び火し、コロンビアを拠点として、エクアドル、ベネズエラ などで主催されたボレロフェステバルや、数々のソロコンサートで熱唱し喝采を受けて、 各国のテレビ、ラジオ、各新聞社は圧倒的な歌唱力とラテンの情熱で、 聴衆たちを熱狂の渦へと巻き込むロベルト・杉浦を挙って取り上げた。

同年、プエルトリコに渡り、プエルトリコを代表する歌手、ダニー・リベーラ に実力を認められ、マック・アンソニーやグローリア・エステファン などもサポートしてきた世界有数の名トレス奏者、ネルソン・ゴンサレスらと共に、 プエルトリコ、ドミニカ共和国、キューバなどでのコンサートツアーに参加し、 「ボレロとタンゴを歌う変なすごい日本人」と驚異の念を持って評される。 又、キューバの国民的英雄歌手、故ベニー・モレ生誕80周記念の国際フェステイバル に出演し、「ロベルト・杉浦がベニー・モレの歌を甦らせた」と国内唯一の新聞紙に掲載された。

 

2000年、マイアミの大手エージェントと契約。 アメリカUNIVICION局のスペイン語圏の人々、約一億人が見ている超人気番組「SABADO GIGANTE(サバド・ヒガンテ) 」(世界長寿番組として、ギネスにも登録されている番組)にレギュラー出演をして、確かな歌唱力、 そしてこの番組の顔であるドン・フランシスコとのコミカルな司会、及び数々のコントにおける演技力により、 アメリカ及び全ラテンアメリカ諸国の視聴者に大ブレークを引き起こす。 それを受けて瞬く間に、ほとんどのラテンアメリカ諸国のテレビ局より出演依頼が殺到する中で、 数多のテレビ出演を成功と話題で果たし切り、同時にコンサートツアーを行い、各国で更なる大ブレークを引き起こすに至る。

2001年、「SABADO GIGANTE」の主役でもあるドン・フランシスコにテレビでの好演が認められ、 「サバド・ヒガンテ賞」を受賞。

 

日本国内では、海外と日本を往復する中、バンドネオン奏者の小松亮太のコンサートツアーに参加する他、ラテンジャズピアニストの森村献、平田フミト、オルケスタ・デ・ラ・ルスで活躍し現在は熱帯JAZZ楽団で活動 しているカルロス菅野、パーカッションの大儀見元、バイオリニストの寺井尚子らなどとも共演をしている。

(その間に、NHK「公園通りで会いましょう」に1回、NHK「テントでセッション」に2回出演)

2003年、音楽アカデミー賞にもノミネートされた名トレス奏者、ネルソン・ゴンサレスのプロデュースに より、ボレロのアルバム「Yo canto boleros」をリリース。その後、ネルソン・ゴンサレスとは日本で共演の コンサートを開催した。 その間、新たな挑戦として、クンビア、マリアッチ、ランチェラなどもメキシコで歌い始める。

2004年、アルゼンチンにて、オスバルド・プグルエーセ楽団の最期の15年間をコントラバス奏者として 過ごしたアミルカル・トローサ率いるコロール・タンゴ楽団と4回共演は絶賛を得て、アルゼンチン の各新聞社にロベルト・杉浦について掲載される。このときのライブ録音が後の2006年、 「Color Tango Tolosa-Roberto Sugiura/Buenos Aires-Tokio」としてアルゼンチンにてリリースされる。その共演コンサートを聴きに来ていた、タンゴ界の天才ピアニストであるオラシオ・サルガンに、「ロベルト・杉浦はアルゼンチンタンゴの歌の表現を知り尽くした、ただの演奏家ではなく、相手の心に感動を与えることが出来る運の良い希少な本物のアーティストでである」と絶賛される。

2010年6月、ビクターエンターテイメントより、「ダメウンベソ」(阿木燿子作詞/アンドレス・デ・レオン作曲) をリリースし、日本でメジャーデビューを果たす。(その間に、テレビ東京「世界を変える100人の日本人」、フジテレビ「笑っていいとも」、 日本テレビ「スッキリ」、テレビ東京「スーパーモーニング」、NHK「NHK金曜バライテイー」などのテレビ番組に出演)

2015年、キューバはハバナにて、キューバ音楽界の巨匠として世界を牽引してきたマエストロ、レイ・モンテシーノス(Rey Montesinos)をアレンジャー及び音楽監督に向へ、現在活躍をする「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の名ミュージシャン達も加え、第2弾のボレロ集のレコーディングを行う。2017年冬にCD発売化を予定している。

現在は、幼少の頃より慣れ親しんできた歌謡曲なども歌いながら、現時点では日本に活動の拠点を置いて活動中である。そして日本にラテン音楽の魅力を広めるべくして、南米諸国のアーティスト達と関わりながら、日本とラテンアメリカ諸国の国境線の立ち位置を置き、音楽を通しての大使としての道を開拓している。

© 2017 Roberto Sugiura

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon